母のニーム葬 愛犬ペットのニーム葬

思えば今から18年前、わが最愛の母が94歳にて亡くなりました。その時行った葬儀がニーム葬でした。

 

ニーム葬とは、仏教の開祖 釈迦尊が行った葬儀です。

五木寛之氏の仏教之の道 上・下巻にニーム葬が載っています。

釈迦尊が亡くなった時、天上天下が真っ暗になり落雷が響き渡り、その一瞬の間にセンダン(ニーム)の香りが天上天下に香り放ったとあります。

ニームの花はジャスミンに似て、ほんのりと甘い香りがします。インドやミャンマーの花の咲く頃に行くと

1ヶ月~2ヶ月の間、ニームの花の香りにあいます。

 

この花を乾燥させ、インドから持って来て母の棺にニームの花と乾燥させたニームの葉を入れました。

正に釈迦尊の行った葬儀です。

 

令和元年12月3日、8時16分 ダックスフンドの愛犬 ヤスオ君が亡くなりました。

昨年までは元気な愛犬でしたが、今年から炎症を度々起こし医者通いが続きました。

よくならないので獣医を替え、レントゲンを撮ったところ、すぐに手術だと言う。

11月27日(水)手術、夜 会いに行く。元気そうに見えるが麻酔で気分悪そう。

28日(木)妻が面会、帰りたいと吠えたという。

29日(金)、30日(土)餌を食べれない。

12月1日(日)午前中、面会 午後に再手術を要求される。最初の手術失敗? 傷口がついていないので、このままでは危ないと言われる。

午後19時30分、病院から呼び出し、手術の結果を聞くが「神のみが知る」全力を尽くしましたと言われる。

面会で顔の下に手を入れなでる。わかっている様だが声がでない。

12月3日(火)愛犬ヤスオ君が亡くなる。夜19時30分引き取りに行く。歩いて10分の距離を抱いて帰る。生きていた時と同じ重さを感じる。

ヤスオ君がいつも居た場所に遺体を置く。語りかける。手術は辛かったろうに、今は安堵の顔になっている。生きていた安心して寝ている時と同じ顔をしている。生きている様だ。

15年いつも一緒、朝 しっぽ振って送り出してくれ、夜しっぽを振って迎えてくれる。

14歳までは超元気、15歳になってから病院通いが続いた。人間でいうと80歳。

15年間、一緒に喜び ~ 一緒に笑い ~ 一緒に涙した 一生でした。

12月4日(水)自宅の庭に1m50cmの穴を掘る。ニーム葉一杯入れて自宅で葬ることにする。

甘えん坊のヤスオ君には最高の褒美だろう。

君の15年を私は決して無駄にしない。

君の飼い主だったことを私は誇りに思う。

君は素晴らしい一生だった。有難う、有難う、感謝、感謝でした。

 

母と愛犬が共にニーム葬をした事をお伝えして、供養とします。

 

 

 

TICAD7に参加して

TICAD7 アフリカ会議が2019年8月28,29,30日と3日間行われました。28日と29日は参加しました。

TICADは3年おきに1993年からスタートし行われています。

第6回はケニアのナイロビで行われまして、今回第7回は

横浜のパシフィコ横浜で行われました。

28日には安倍首相も目の前を通りました。

私はコンゴの友人クリス君と会場に行きました。

会場で菊池理事と落ち合いました。会場ではフランス語ができる

クリス君に通訳を頼みました。

会場ではチュニジアスーダンナミビア南アフリカ共和国ニジェールボツワナコンゴ民主共和国レソトスーダンブルキナファソ、エジプト、ベナン共和国以上の各国大使館の関係者と対応しました。

又、旧友のマンスール氏にも会いました。

日本の関係企業ではコマツ伊藤忠商事、加藤製作所、豊田通商

ヤマハ等のアフリカ関係者とも話しました。

29日にはセネガルトーゴの大使館関係者と話をしました。

日本の企業では味の素、タニタ、Sky Fix com JAPAN、イチバンライフ、川西水道機器、みずほ情報総研、sysmex、レキオ、パワーテクノロジー、シュークルキューブジャパン、大同工業所と話をしました。又FAO、横浜市立大学、アフリカ開発銀行、日本国際放送などの機関とも話しました。

2日間参加して思ったこと

私は第3回から参加していますが、今回は日本政府のアフリカ支援への気持ちが伝わってきます。

支援から投資へ、支援の仕方が変ってきました。

アフリカの人々が何を求めているのか、何を欲しているのか

良くわかっていない気がします。

今まで20兆円近くの金が動いていると思います。

今すぐは企業が出しても儲からない。我慢できる企業は大儲けできる可能性があります。それは若い人が多く、爆発的な人口増加が見えるからです。

何が足りないか? すべてが足りない!!

アフリカに行って見えることがある。

勇気と真義と忍耐がないとアフリカでは勤まらない。

良きパートナーを見つけることである。これなくして成功はありえない。

日本ニーム協会はアフリカ54ヶ国に植林をし、環境を守る為、すぐに手を打つことが必要と思っています。

アフリカで育つニーム植林、環境の問題そして仕事を作る。

教育と医療の問題を仲間と組み立てたい。

その一つに日本の救急車を持っていって、移動病院を作ります。

微力ではあるが、多くの友人が出来、お互いに助け合い、

これぞ日本の協力支援と言うものを作りアフリカ13億人の民と共に歩みたい。

アフリカには夢と可能性が多くある。

第7回TICADを有意義なものにしたい。

そして素晴らしい成功をお互いに作ろうではありませんか。

衆生無辺誓願度” (我れ誓って全人類の為につくす!!)

 

f:id:neemkyokai:20190903164605j:plain

 

トーゴ共和国大使館

7月25日、赤坂のトーゴ料理レストラン エコロロニョンでトーゴ共和国 現・前大使他と日本ニーム協会関係者と2時間半に渡って会見しました。

トーゴに日本ニーム協会のパートナーを作って欲しいと要望しました。快い返事を受けました。

ニームは全土に植わっている、マラリア対応をしているとのこと。

日本ニーム協会は今までアフリカ数ヶ国に植林をしてきました。

これから、トーゴとの対応をしていきます。

STEVE BOPJONA大使の著書 "我が心が歌う日本”

この著書には感動しました。ここに掲げます。

トーゴの紹介

トーゴはガーナとベナンの間にある面積56,600k㎡、

日本の1/7、 人口600万人、宗教(キリスト教イスラム教、アニミズム)、 首都 ロメ、

カードはほとんど使用できません。

トーゴ1884年ドイツの植民地、

1914年 第一次世界大戦の終わり、フランスとイギリスの二つに分けられました。

1960年 4月27日トーゴはフランスから独立、

5ヶ月後、国連に加盟しました。

1980年代トーゴは世界でアフリカのスイスといわれました。

2005年 40年続いたエヤデマ大統領が亡くなりました。そして2005年4月選挙でフォール ニヤシャンベ氏が大統領になりました。

日本とは1963年に国交を結びました。

トーゴには日本大使館はありません。

 

2010年8月閣議で28歳の誕生日に日本に大使館を開設すべく選ばれ、2010年10月25日に日本に向かう。

2011年3月大使館が居を構えて1ヶ月後、東日本大地震が起きる。

東日本大地震から3ヶ月後、トーゴ共和国大統領訪日。

地震から3ヵ月後、2011年6月6日~11日迄、

フォール・エソジナム・ニヤシャンベ大統領が被災地の現状を自ら目にし、現地に踏みとどまって日夜、復興の為に戦っている被災者への思いやりと支援の気持ちを表明する為に被災地訪問。

大統領のセキュリティ班のメンバーが高いレベルの放射線が残っている可能性が心配でしたが、大統領は言いました。

「今この時も現地では多くの男達、女達、子供達が生活を続けているではないか?

私が日本に来たのは世界の目に日本が安全な場所であり、被災地でも人々は生活を営んでおり、飛行機に乗ることが出来るものなら、誰でも来られる場所だということを示す為だ。

このことで観光客達が日本を避けることなど在ってはならないし、日本人も自らへの自信と信頼を失ってはならない。

Tシャツを贈りました。Tシャツの背には”愛”を印刷しました。

大統領がトーゴの全国民を代表して、日本の人々に絆と思いやりの気持ちを表明しました。

 

大統領が外国の元首として被災地を最初に訪問していただけたことで日本国民に勇気と安心を与えていただきました事。

日本国民の一人としてトーゴ大統領及び国民にお礼申し上げます。

 

ティーブ大使はトーゴに帰り、TICAD トーゴ共和国大統領特使になります。

「一期一会」の出会いですが、日本ニーム協会との小さな一歩でしたが、大きな一歩にする可能性のある出会いでした。

有難う! 有難う! 有難う! トーゴ共和国 

 

                                                                  稲葉 眞澄

7月25日 こんな一日

本日、突然インドのシン氏から電話があった。

「今、渋谷にいます。」

「どうぞ来て下さい。」

5年ぶりの再会である。

シン氏はインド・ブッタガヤでニーム植林、学校建設等のプロジェクトの

パートナーである。

今は、もう一軒ホテルを建てて、中国とタイに事務所を出している。

日本事務所は閉じたとのこと。

外国人は商いで日本を見捨てたのかと思いました。

 

次に、台湾の大臣の代理人が台湾にニーム植林の件で来社。

台湾には日本と同じ種の八重山センダンがある。

これから話をつめましょう。

 

次に、カンボジアとフィリピンのニーム関係者が来ました。

カンボジア有機農業にニームを使う件。

フィリピンは、ニームを使って稲作をやる。

安全な米作りに挑戦したいという。これにもアドバイスをする。

 

又、夜は赤坂の日本で一軒のトーゴ料理レストラン エコロロニョンで

トーゴの前・現大使との食事をしながら会談をしました。

日本ニーム協会から12名が出席。

3時間に渡り、意見の交換をしました。

大使は9月にトーゴに帰り、大統領補佐官になるという。

日本に単身乗り込んで、大使館を開設した苦労人である。

ニームトーゴの至る所に植わっていると言う。

産業のないトーゴニームの仕事を作りたい。

大使はマラリアの予防に、ニームを使っていると言いました。

大使には、ニームの木とニーム入りブドウ糖をプレゼントしました。

これを本国に持ち帰るといいました。

大使は私にこういいました。

日本もトーゴも心の国、愛の国ですと。。。。

来月トーゴ大使館を訪問することを約束して別れました。

トーゴ大使館の皆様  日本ニーム協会の皆様

ありがとう!! ありがとう!!

 

 

 

令和元年6月18日 NPO法人日本ニーム協会 勉強会

NPO法人日本ニーム協会 令和元年 勉強会」令和元年6月18日

【式 典】

13:00 〔開 場〕

13:30 〔開会〕 司会 根本 堅治 氏

13:35 〔開会の辞〕 NPO法人 日本ニーム協会   理事  服部 香里 氏

13:40 〔ゲスト紹介〕 稲葉会長 

講師:

・山下 浩二 氏    EV(電気自動車)安全協会会長 工学博士・法学博士、ロボットによる農業

 

・寺尾 勇 氏        アフリカのタンザニアに16年 ニームを使った農業 100ha

        今、震災の地、熊本県益城町の町興し挑戦中

 

【会長挨拶】

 NPO法人日本ニーム協会 会長 稲葉眞澄 

【 休 憩 】

 

・中村 陽子 氏     NPO法人 メダカのがっこう理事長、完全無農薬に挑戦 

 

・市川 洋征 氏    獣医師、元協同製薬㈱企画開発部長、NPO法人微生物による環境浄化の

             有機農業を広める会 副理事長、無農薬無化学肥料の園芸に取り組む

 

・山下 正照 氏    DDマシン株式会社 農学博士"黒ダイズを使って発芽促進の研究”

 

【プレゼント会】

             

 【質問】

【閉会の辞】

16:30 NPO法人 日本ニーム協会 理事 藤井 貴大   氏

 

山下 浩二 先生

日本農業人口200万人 3.3% 水産業15万人 林業5万人、自給自足できない状況。

これからは原料のないものは自分でつくる。

ニームの役目 地球を救う、ニーム 神から与えられた植物

自動車に自動装置をつけ、車のスピード制限。

コンバインの自動化、自動選化を目指す。

マグネシウム電池が100万個売れている、私が開発したものです。マグネシウムは海に1%ある。電気自動車はその一部です。

 

寺尾 勇 氏

熊本地震益城町で3年間復興につくした。

病気をしない町づくり

月に1000円で15年間過ごした。夫婦で10万円でも私は余る。

ここ50年間、病気をしたことがない。

病気はエネルギー不足、気が合わなければ良くならない

感謝し合って生きる、太陽のエネルギー、人間のエネルギーは雷がつくる、雷は田んぼの田の雨と書く、

太陽と雷と人体エネルギーが大事

ミミズとシロアリが地球を救う

シロアリと根溜菌が土地をつくる。ミミズは地球最大の耕作者です。

ムアロバイニ(ニーム)の液で稲の病気を治す。

アフリカは医者がいないのにどういう生活をしているか見に行ってみた。

タンザニアに学校をつくり、ニームを20万本以上植えた。

現地の方の水虫(水虫は身体の中にできる)を塩とニームで治した。

鳥インフルエンザニームの葉液で止まる。牛にも効果がある。

癌患者は病気でない。

治すには、本当の自分になること。ストレスをとること。生き方を変える。免疫を高める。

魂と身体が人間。ソマチッドとは魂のこと。

エネルギーの高い米をつくる。一俵40,000の米をつくっている。

これから21世紀の為の人間の教育が大事である。

幸せに生きる術を教える。

金が無くても幸せになる村、愛をつくる村、新しい村作りをしている。

新しい文明の村づくりをしていく。

f:id:neemkyokai:20190708135937j:plain

 

稲葉 会長

ニームはウィルス対応ができる。

アフリカに移動病院をつくる。

今まで危険な所へ行った。夜はライトをつけて走れない、襲われるので。

病院へ行けない、エボラのような他の病気を移されてしまうので。

アフリカ54カ国を緑にする。(ニームの植林)

ケニアの研修生を助けたが、3ヵ月後にエイズ

亡くなった。

有機農業を支援した、ツルネン・マルティ氏との出会い。

キューバ有機農業は、ニームとミミズで行っている。

162名の有機農法議員連盟があり、説明した。

イスラム教ハラルの件で、オマル大使に世話になった。

次の世代のためにニームが必要。

カンボジアに行く。ニームの対応の為、カンボジアニーム有機農場をつくる。

地球を中心にして、次の世代のために生きる。次の世代を育てる。

ニーム協会は日本の未来を担う。CO2の排出権をとる。

 f:id:neemkyokai:20190708140955j:plain

 

 

中村 陽子 氏

2001年、消費者の立場から農家を応援したいと思い、協会をつくった。

トキが放された時、食べ物が必要と思い、協会をつくった。絶滅のトキが復活した。

18年間、生き物の調査をしている。

メダカのがっこう、安全な食糧を確保する。

農家の米を一俵37,000で買っている。農家と加工品をつくっている。

日本のオイルは遺伝子組み換えである。

食環境がものすごく悪くなっている。

28名中、19名の体内からグリホサート(除草剤の成分)が発見された。日本用の検査が必要。

ビールとワインからもグリホサートが発見された。

アメリカ、小麦遺伝子組み換え、パンから遺伝子組み換えが出る。国産小麦からは検出されない。

お母さんから声を出す、変化が起きてくる。

有機農家の安定を目指している。

韓国は無償の有機給食提供。

日本は0.5%の有機農業。

欧米は癌は減ってきている。日本は増え続けている。

動物性たんぱくを減らすと癌が減る。

病気の原因は菌ではない、免疫力が足りないからだ。

 

 

市川 洋征 氏

宮城県で開拓民として頑張った。牛を育てていた。

腸内フローラの研究に入る。

戦後、アメリカの化学肥料で土がだめになった。

東京オリンピック3000人分は確保した(有機野菜)

牛や豚がつながれているのは、ヨーロッパではない。

イチゴ63回、なす59回、きゅうり56回、梨36回 消毒の某県のマニュアルより

日本の単位面積あたり世界一多く使う。

アメリカ国民が食べるものはオーガニックである。

遺伝子組み換えが諸悪の根源である。

アメリカは補助金を出して有機農業をやっている。

韓国は日本の有機の18倍、有機給食である。

土壌分析は自治体がやっている。

台湾でも給食は有機

アメリカ、ヨーロッパはモンサントの商品は使われていない。

羽咋市バチカンに米を送る。

腸内フローラ菌を育てなければならない。

青森にんにく、ブドウ、桃に酵素を使っている。

もうかる農業には若人もなる、努力すれば出来る。

ニーム 害虫が寄らない、害虫が一番問題である。

PH12.8上げれば、全てのウィルスは死ぬ。

石灰石は日本は大量にある、水素カルシウムになる。

ソマチッド、シリカを使っている。

子供の未来 年寄りのために有機農業を増やす方向である。

f:id:neemkyokai:20190708135841j:plain

 

 

山下 正照 氏

黒ダイズに電解して発芽を早められる。博士号を取得。

筑波大学で研究を続けた。

大豆は暑くなると劣化してくる。

電解を強度にすると鮮度保持と発芽がよくなる。

直流と交流の2種があり、私は直流の電解の方を選んだ。電子が満たされるとイオン交換が抑えられる。

発芽の時、水を含んで発芽する電解の量でたんぱく質が壊れる。この時間の差を研究してきた。

食品加工、装置を手がけてきた。

きゅうり加工、くだものの皮をいれて対応する。

農薬が混ざることが多い。

袋でアピールか食品メーカーでやっている。

消費者はここに気づいて欲しい。

自然の味を各自で知っていないとメーカーのいうままである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボジア記

カンボジア

6月27日~7月3日に渡り、カンボジアを訪問しました。

成田空港発10:50 ANA817 プノンペン空港着

宿泊タクマウ Good health hotel

パスポートを提出 30$払いビザを空港で取る。

ビザ書類一式が今月から必要なくなりました。

 

f:id:neemkyokai:20190708142417j:plain

6月28日 

JICA訪問 岩本理事を知っている小川さんと会う。

Royal university of agricultureを訪問。

 

f:id:neemkyokai:20190708145648j:plain

 

6月29日 

コンポンチュナムの近澤氏の(45万坪)農場訪問。この地にカシューナッツ畑の中に、NPO法人日本ニーム協会と共同の研究所をつくりました。

完全有機農法の挑戦をします。ここにドリアン、マンゴー、ニームの植林をしました。

隣の主人(300万坪所有)も一緒にやりたいと言ってきました。

 

f:id:neemkyokai:20190708145632j:plain

6月30日 

バッタンバンで頑張るカンボジアコットンクラブの古澤氏を訪ねる。

朝6:30出発、13:30に着く、往復14時間

古澤氏とは10年来の知人で、10年前に協力依頼をされ協力しました。

夜、フンセン首相補佐官K氏と再会しました。

540万坪にニームを植えて欲しいと言われました。

ニームの蜂蜜を作っていました。農林大臣と環境大臣に試食して頂いた所、大好評とのことでした。

 

7月1日 

プノンペンにある北朝鮮の飲食店ピョンヤンに行く。少々汚れた100$を受け取らなかったのにはびっくり。

 

7月2日 

再度JICA訪問

1時間に渡り、JICAと話し合いをしました。

 

7月3日 帰宅

 

寸評 短い訪問であったが、再度カンボジアに岩本理事が8年頑張ってきて、4年途絶えた地にNPO法人日本ニーム協会のフラッグを立てることができた事は嬉しく思います。

カンボジアにもニーム熱が拡がっている事を感じ入りました。

カンボジアは高層ビルが連立し、勢いを感じます。

カンボジアで頑張る誓いをした旅でした。